コネチカット州

北東部にはイギリスが植民地を作り、イギリス的な風景、イギリス的な町並み、イギリス的な地名などが数多く残っている所がたくさんある。そのため、このあたりをニューイングランド地方と呼ぶようになった。普通ニューイングランド地方には、コネチカットのほか、ロードアイランド、マサチューセッツ、バーモント、ニューハンプシャー、メインの各州が含まれ、ここコネチカットは、そのニューイングランド地方の表玄関にあたる州でもあるのだ。

ロードアイランド州や、デラウェア州に次いで、三番目に小さい州コネチカット州は、面積は小さいながらも、人口330万人を誇る、大きな州でもある。さらに、一人当たりの平均所得の高さで、アラスカ州やワシントンD.C.などと首位を競う、お金持ちの州でもあるのだ。

その理由は、先ず第一に、郊外にある高級住宅街に住む人々。ニューヨークの郊外の最高級住宅街として有名なグリニッチやスタンフォードは、お金持ちの人口が多い所だ。彼らの年収が、州の平均をアップしているのだ。第二に、大企業の地方流出。最近ニューヨークに入りきれなくなった企業の本社がコネチカットに移転してきているのだ。それに、州都ハートフォードは、35社以上の保険会社の本社を持つ「保険の町」だ。つまり地元に多数の大企業があることによって、州民の平均賃金が高いというわけだ。

イエール大学の町と、捕鯨の基地だった大西洋岸

コネチカット州の大西洋岸に、ニューヨークの最高級住宅街として知られる、スタンフォードという町がある。

その町で高校教師をしているジェフは、私がアメリカで結婚式をあげたときに」ベストマン」という、日本でいう仲人のようなものをしてもらった人で、今でも毎年のように家を訪ねている古い友人だ。彼は、名門大学を卒業して、職場を探すときにスタンフォードの公立高校の給料が全米で一番高いというので、ここで暮らしているのだ。

そのジェフの長男のクリスチャンが、プレップ・スクールに入ったので、学校の様子の写真を撮りたいのなら撮影許可をとってくれるという。一度の撮影してみたいと思っていた私は急いで出かけたのだ。

普通、アメリカの高校というと、ラフなTシャツにジーンズというイメージを持つが、さすがに「プレッピー」、そこでは全員がネクタイを締めて、きちんとジャケットを着ていた。プレッピー・スクールとは、カレッジ・プレペアトリー・スクールといって、日本語では大学の予備校といった意味だ。もっとも、日本の予備校とはちがって、中学から高校までの授業を行う正規の学校として認められている所。ニューイングランドに多くある、名門の私立学校なのだ。

ここの学生のほとんどは、一流大学への進学を希望しているというのだが、キャンパスや教室でふざけている彼らを見た限りでは、日本の進学校のガリ勉達とは全然違ったイメージを受けた。やはり、きびしい規律の中にも、アメリカの特徴、自由な雰囲気だけは忘れずに残されているようだ。ちょっとのぞいた東洋史の授業では、源頼朝とか北条政子とかいう聞き覚えのある単語たくさんでてきていて、日本の歴史について、一生懸命ノートに取っているアメリカの子ども達を見ていると、なんとなく不思議な気持ちだった。

そんな彼らが目標とする名門大学のひとつ、イエール大学がすぐ隣のニューヘブンという町にある。ここは1701年に創立された古い大学。日本でいえば、江戸時代の鎖国のまっただ中の頃。日本の寺小屋や藩校の時代に、ここではすでに大学ができていたわけだ。

ここ、コネチカット州には、1800年代の中ごろ、捕鯨の漁場を求めて日本に開国をせまる船が出航していた港を再現した、海洋博物館「ミスティック・シーポト」がある。当時、イエール大学のような本格的な教育施設を持っていた彼らには、着物を着て刀を付けていた日本人は、いったいどのようにうつったことだろう。

イエール大学の町、ニューヘブン。1701年の当時のオールド・キャンパスも現存する。

イエール大学の学生数は約1万人。アメリカを代表する名門校のひとつだ。

古い大学というイメージのキャンパスの中で見つけたこんな彫刻。

イエール大学の図書館。外壁の天然石を通して自然の明かりが館内に入ってきていた。ここには、グーテンベルグが印刷した聖書なども蔵書として含まれている。

スタンフォード市立高校のひとつ、ウェストヒル高校で。教育レベルも一流だが、先生の給料も全米一のレベルだとか。

中学2年生の東洋史の授業。黒板には、「北条時政」とか、「北条政子」の文字が書かれていた。

大西洋からの入り江、ロングアイランド・サウンドに面した町、スタンフォードの教会は外観が魚の形をしていた。

ここから出航した捕鯨船が太平洋へやってきた時代があった。今日のコネチカット州ではその技術を原子力潜水艦の建造に生かしている。ミスティック・シーポート。

ミスティック・シーポートは、1800年代の捕鯨の港町独特の町並みと、捕鯨船、造船所を当時のままに保存するだけではなく、アメリカ一の海洋博物館でもあるのだ。

ミスティック・シーポートでは、当時太平洋にまで航海していた捕鯨船の大きないかりや、今でも十分に使えそうな造船所が当時のままの姿を残している。

コネチカット州の造船所では、ニューロンドンの原子力潜水艦のほかに、当時の造船技術を保存するために、木造船の建造も行われていた。

ミスティックの町は、アメリカ初期の港町を残す資料としても貴重な町だ。

遠く太平洋まで出かけて行った、ニューイングランドの漁師にとって、日本は身近な海洋国家だったようだ。

≪≪前へ  目次  次へ≫≫